ネイルは現代日本を象徴している

不規則な生活が原因でできる大人ニキビ

2017年4月 6日(木曜日) テーマ:

10歳代後半にできるニキビは思春期ニキビ、20歳を過ぎて成人してからできるニキビは大人ニキビと呼び、発生する原因も違います。

思春期ニキビは、成長期における男性ホルモンが活発になり、過剰に皮脂が分泌されることが原因ですが、大人ニキビの原因は、人によってさまざまで、どれか一つに特定するのは難しいとされています。

食事、睡眠、化粧品、スキンケア、ストレス、喫煙、運動不足、ホルモンバランスなど、あらゆるものが複雑に絡み合ってニキビの発生につながります。

ただ化粧品やスキンケア法を一つ、二つ変えたり、ニキビに良いと言われるものを食べるようにしたくらいでは改善しないのが普通です。

ニキビを根本から良くしていきたいのであれば、もちろん正しい洗顔と潤いを与えて保湿するという基本的なスキンケアも大切ですが、まずは、不規則な生活を見直す必要があります。

平日は朝早起きして休日は昼過ぎまで寝ているという生活だったり、朝食や昼食を抜いて1日2食だったり、無理なダイエットで栄養が偏ったりなど、規則性に乏しい生活をいつも続けていると、ニキビができやすい状態になってしまいます。

その理由は、不規則な生活習慣は体内時計を乱し、自律神経のバランスを狂わせ、ホルモンの分泌を非正常にしてバランスを崩してしまうからです。

すると、全身の免疫力が下がり、ちょっとしたことでもニキビや吹き出物のような炎症となって、肌表面に毒素が吹き出てしまいます。

ですので、早寝早起きや栄養バランスの良い食事を1日3食決まった時間に食べるといった規則正しい生活習慣を続けることがニキビ改善になります。

http://ngtkitari.com/

ちなみに、夜10時から深夜2時は肌のゴールデンタイムと呼ばれるほど肌には大切な睡眠のための時間帯です。

この時間帯に熟睡できるように、まわりの環境を整えて質の良い睡眠ができるように心がけましょう。